2017年09月17日

9月新刊のご案内

【新刊が出ます】
タイトル:夜の薔薇 聖者の蜜  ←アマゾンのページに繋がります
発売日:2017年9月28日
イラスト:笠井あゆみ先生

604436b.jpg

あらすじ:ギャング一家の御曹司×神を信じない神父 / 禁欲的なカソックの下に、こんな感じやすい淫らな身体が隠れていたなんて──

二十世紀初頭、合衆国。州の中心都市であるギャングの街──。日系人の神父・香月千晴は、助祭として赴任するため生まれ故郷に帰ってきた。しかし、真の目的は、家族の命を奪ったカロッセロ・ファミリーへの復讐だった。千晴は「魔性」と言われる美しく艶やかな容姿を武器に、ドンの次男・ニコラを誘惑し、カロッセロ・ファミリーを内側から壊滅させようと機会を狙う。しかし、凶暴かつ傲慢なギャングらしさを持ちつつも、どこか繊細で孤独なニコラに、千晴は復讐心を忘れかけてしまう。さらに「俺のものにしてやるよ」と強い執着を向けられ、その熱情に千晴の心は揺れ動き…?
posted by 高原いちか at 11:18| Comment(0) | 新刊紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

新刊のお知らせ

蝕みの月 〜深淵〜」(リンクスロマンス)
イラスト:小山田あみ先生
発売日:2017年3月29日

604323b.jpg

内容紹介

三人の兄弟が織りなす背徳のエロス!
画廊を営む汐月家の三兄弟――京・三輪・梓馬。三人の関係は、次男の三輪を義弟の梓馬が抱いたことで変わりはじめた。弟たちの関係を知った兄の京までもが、三輪の身体を求めてきたのだ。赦されない禁忌を犯していると知りつつも、昏い願望に抗えず閉ざされた世界で歪んだ愛を育むことを選んだ三人。だが背徳の悦びを浴びた蜜月も束の間、三輪が事故に遭い記憶を失ってしまい…。

出版社からのコメント

どこか退廃的な世界観を背景に育まれる三兄弟の歪んだ愛を描いた人気作品「蝕みの月」の続編が満を持して登場! 個性的なキャラクターが織りなす、背徳感と濃厚なエロスが詰め込まれた禁断の3Pラブをお見逃しなく!
posted by 高原いちか at 11:47| Comment(0) | 新刊紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

★新刊速報★

【★新刊情報★】

【題名】喪服の情人
【著者/イラスト】高原いちか/東野海先生
【出版社】幻冬舎コミックス
【レーベル】リンクスロマンス
【発売日】2016/10/28
【CP】遺産を狙う悪い(?)遺族 × 喪服の未亡人
【備考】旧作「過ぎし日の終わりに」全面改稿+スピンオフ加筆

【あらすじ】老いた恋人を亡くしたルネは、深い悲しみを抱えながら彼と暮らした屋敷でひっそりと暮らそうとしていた。しかし屋敷は亡き恋人の孫・静に相続され、ルネは立退きを要求されてしまう。

mofuku-cv.jpg
posted by 高原いちか at 16:35| Comment(0) | 新刊紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする